世間話
たぬき

どうもです。このコーナーは「巷のうわさ」というコーナーですが、芸能ネタ等ではなく、私が聞いてきた話の中で面白い!と思った事をとりとめもなく書いてしまおうというコーナーです。言ってみれば「自己満足」の世界でしょうか?

そこで今回のお題は『たぬき』です。たぬき?今馬鹿にした貴方、そう貴方、読んでみて面白いから。皆さんもご存知の通りお蕎麦屋さんの店先にはよくたぬきの置物が置いて有りますよね。あれ、なぜだか解ります?実はあの『たぬき』にはとんでもない意味があったのです。そう、たぬきとは『他抜き』・・・『他』を『抜く』という意味で、「家は他の店よりも美味しいよ」と言っているのだそうです。

また、たぬきのお腹は白いですよね。これは、「内の店は腹黒くはないですよ」と言っているのだそうです。言い換えれば「明朗会計」ですかね。それから、これがとっとき情報・・・店先のたぬきには雌がいない。と言う事は雄、雌に無くて雄には有る物・・・それは何でしょう?そう「金・・・・」(お寺のホームページではこれが限界です)しかもとても大きく前に付いていますよねぇ。あれは「前金で、大きく頂きます」と言う意味なのだそうです。

以上、ホントかウソかは知りませんが、なかなか面白いでしょ。あまり他の人には言わないほうが良いかもしれませんよ。ちなみに、この情報はご近所の御住職の御法話の中から頂きました。皆さんも何か面白い情報がありましたらこちらまでお寄せください。厳しい審査の後、掲載させて頂きます。
禅の集いにて
毎年夏になると、私たちが所属している「曹洞宗静岡青年部」の主催により禅の集いが行なわれます。大人は一泊二日、子供は一日です。その、子供禅の集いにてちょっと面白いな〜と思ったことを書いてみます。

3年ほど前の子供禅での事です。毎年度前9時ごろより受付をし、午後4時頃までの日程で行なっております。当然お昼を食べる事になります。この食事の準備も青年僧でまかなっております。

子供と言う事もあり、メニューは「カレーライス」を作ります。毎年作っているのですが、ある青年会員が言うことには「お寺へ来て食事をするのだから肉の入っていないカレーがいいんじゃないか」と言う事で「精進カレー」を作る事になりました。

材料は「にんじん・ジャガイモ・コンニャク・厚揚げ・油揚げ」当然の事ながら「たまねぎ」も入れません。カレーだけに調理中は良いにおいがお寺じゅうに広がり、お腹のすいた子供たちが「カレーだ!カレーだ!」と言う声が聞こえてきます。

材料を知られてはいけないと思い「ここは立ち入り禁止だ!」と子供たちに言い聞かせ、せっせと準備をし、お昼の時間となりました。みんなニコニコ嬉しそうです。

精進カレーみんなちゃんと食べてるか心配でしたが、おかわりの多い事「俺は3杯食べてもうお腹がいっぱいだ!!」などという子供もいました。そこで私は、「おいしかった?」と訊ねると、「お肉がいっぱい入っていておいしかった」????と言う答えが返ってきました。「君のカレーにはお肉が入ってたの?」と聞いてみると「うん、いっぱい入っていたよ」と言うではありませんか。

私は思わず鍋を覗いてみました。やっぱりお肉ははいていません。こんどは「どんなお肉だった?」と聞くと「畑のお肉」と言われてしまいました。私は何のことか解らず「えっ・・・」と聞き返すと「だって大豆は畑のお肉じゃん、油揚げも大豆からできているんだよ」言われてしまったのでした。

なるほどなーと感心していると「和尚さんはそんな事も知らないの?」と言い残し去っていきました。まいったまいった。子供は怖い・・・・・

これは実話ですよ。ほんとに・・・・

精進カレーのレシピ知りたい方はメールください。

ご連絡先    静岡県静岡市油山1295 養福寺

TEL 0542−94−0130 mail osyo@youfukuji.com